会長挨拶

2020-2021年度 会長挨拶

本年、歴史と伝統ある安城ロータリークラブの63代目会長という重責を担うこととなり身の引き締まる思いと共に責任を痛感しております。
今員の皆様のご指導とご協力、ご高配を心よりお願い申し上げます。
さてRI会長のホルガー・クナーク氏はテーマとして『ロータリーは機会の扉を開く』とし、私たちのあらゆる活動が、どこかで誰かのために機会の扉を開いています。またガバナーの岡部氏は地区の活動方針として『行動するロータリアン!世界で何かよいことをしよう、TOGETHER!』としました。
しかし現在国内のみならず世界的な新型コロナウィルスの感染は未だ収束せず、今までの私たちの常識、価値観を一変させるほどの影響を与えています。新しい生活様式、制約された経済活動の中で、どのようにロータリー活動を展開していくか考えて行動しなければいけません。
この方針に基づき、地域の皆様と共に活動を実施し、ロータリーの認知、共感を目指し、『 もっと、この街と! 』をテーマとします。
こんな時こそ、ロータリーの原点に立ち返り、事業経営のあり方、社会への貢献、奉仕について考えてみましょう。
また本年度は安城ロータリークラブからガバナー補佐を輩出しています。ガバナー補佐事業を一丸となって応援協力します。
この考えをベースとして、以下の会長方針とします。

① ガバナー補佐活動を全員の力で成功させよう。
② 地域の皆様と共に奉仕活動を実施し、クラブへの理解、好感度の向上を図ろう。
③ ロータリーの原点を踏まえ、例会が楽しく、癒され、活力の源となるようにしよう。

会長 深津正則